▲TOPへ戻る

地震対策

鳩山石材の地震対策は万全です

鳩山石材では、墓石の地震対策として墓石用コーキング・墓石用ボンド・金具を併用し、免震工法・耐震工法を採用しております。
墓石の倒壊率調査などを見てもご理解いただけるように、地震被災地での墓石の倒壊率(転倒率)は、ほぼ全壊、新しい墓石以外全て転倒しているような結果報告が多いことからも、地震対策されたお墓が注目をされております。
詳しい内容については、お気軽にお問い合わせ下さい。

耐震実験の動画で見るお墓への影響

これはお墓の耐震実験の動画です。震度7でのお墓に与える影響をご覧ください。(再生ボタンでスタートします。)
※動画が表示されるまで少し時間がかかる場合があります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

①和型無対策

震度7の地震では、対策をしないとこのような事態になります。竿石(さおいし)が倒れてしまいました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

②和型ステンレス棒

広告でよく見るこのような棒だけでの対策も、本当は倒れてしまう事が多いがのわかります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

③さすがの粘着工法

震度7の実験でも倒れない!当社はこの工法です!

(提供:「一般社団法人日本石材産業協会/お墓と地震と地盤~DVD」)※無断複製・転載は固く禁じます。

東日本大震災で埼玉県の震度は4〜5強

東日本を襲った未曾有の大震災ですが、埼玉県でもとても大きな揺れを感じました。埼玉県の主な地点の震度はだいたい4〜5強でした。2016年の熊本地震では震度7を記録し、 国宝熊本城も大きな被害を受けました。
少し時間が経つと忘れてしまいがちですが、私たち日本人は地震の多い国に住んでいることを認識しなければいけませんね。

地震対策チェック

長い年月を経たお墓は、今は大丈夫だと思っていても、いろいろなところが傷んでしまっている場合もあります。そんな時に大きな地震が来てしまうと、倒壊してしまう恐れもあります。早めの対策をするために、以下の様な簡単な地震対策チェックをしてみて下さい。

  • 目地がセメントで処理してある
  • 重心が高いデザインである
  • 外柵に古い大谷石を使用している
  • 傾いている
  • 墓地の周囲の地盤が悪い
    (水が多い、土がサラサラである)
  • スリンや、蓮華がついている

上記のチェックはおおまかな目安です。
気になるところがある場合は、お気軽にご相談下さい。